体育科指導法 第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数111
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川大学通信教育部「体育科指導法 第1分冊」2017年のレポート課題です。(合格済)
    参考程度にご覧ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目コード 08810「体育科指導法」第1分冊
    近年の子どもたちの生活が昔に比べ変化してきている。例を挙げると食事、睡眠、遊びが代表的である。食事に関しては食の欧米化や昼と晩にしか食事をとらない一日二食の習慣化である。昔に比べ、企業競争の激化によりファストフードの価格が低下傾向にあり安価で食すこととのできる時代になってきている。日本食に比べ欧米食は脂肪分、塩分、糖分が多く含まれており、カロリーが高い。そのような食事を子どもの頃から摂取すると濃い味、こってりした味に慣れ、新陳代謝が高く消費エネルギ―の高い子どもにとって美味しいと感じてしまうのである。その為昔に比べ子どもの肥満が1.5倍から2倍にまで増えてきている。また食の多様化や外食レベルの向上から容易に美味しいものを食べることができることから、家で食べた物が美味しくないと感じた経験、その食事にまつわる苦い経験、親の食習慣から偏食に陥るケースも増えてきている。また、これら食の欧米化や偏食からアレルギーに悩まされる子ども増加している。しかし食の欧米化の全てが悪というわけでは無く、野菜中心の日本食ではたんぱく質が不足がちになるが欧米食に代表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。