教職(健康教育)試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数49
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川大学通信教育部「教職(健康教育)」の試験対策です。 過去問に基づき解答例を作成しました。(2017年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リプロダクティブヘルスとは何か,併せて社会の望ましい健康観について述
    べよ.キーワード:生活習慣・未来の社会・権利 
    リプロダクティブヘルスとはWHOが性や生殖に関する健康について提唱した概念である。
    「単に生殖の過程に病気や異常が存在しないだけでなく、生殖過程が身体的、精神的または社会的に完全に良好に遂行されている状態」と定義されている
    またリプロダクティブヘルスには4つの基本要素がある。①妊孕性を調整し、抑制できること②全ての女性にとって安全な妊娠と出産③全ての新生児が健康な小児期を享受できる新生児健康性④性感染症からの解放である。このようにリプロダクティブヘルスとは人々が希望する子どもの数を希望するときに持ち、安全な妊娠・出産を経て健康な子どもを生み、更には性感染症のリスクなしの生的関係をもてるという事であり、性と生殖に関わる健康から生涯の健康を視点に入れた、広い意味では母子保健そのものを表す概念といえる。
    また社会の望ましい健康観とは単に病気ならない、病弱ではなく身体的、精神的、社会的に健康であることである。またWHOではヘルスプロモーションという健康増進の戦略が打ち出された。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。