WE1020 法学2 2単位目レポート(2017)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数167
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学通信教育課程、法学2 2単位目レポートです。
    課題に沿って、教科書の判例を2つ用いてまとめました。
    レポート作成はもちろん、科目終了試験等に活用して頂ければ幸いです。

    課題:「日本国憲法における法の下の平等について、判例を挙げて説明しなさい。」

    参考文献:「持続可能な社会を考える法律学入門」井上秀典著(八千代出版)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    WE1020 法学2  2単位目レポート
    課題:「日本国憲法における法の下の平等について、判例を挙げて説明しなさい。」
    「法の下の平等」に関して、日本国憲法においては、14条1項に「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定されている。法の下の平等とは、年齢、性別、能力等において、人と人との間の数々の実質的・事実的な相違を前提としながら、国家との法的権利・義務の関係において同じ立場・状況にある者は同様に扱わなければならないという近代憲法の基本原則を指す。また、法の適用だけでなく、法の内容における平等を意味し、平等とは、例外を許さない絶対的なものではなく、合理的差別は許容される相対的平等であると解釈される。つまり、意図的な差別は許されないが、法律上取扱いに差異が設けられる事項と事実的・実質的な差異との関係が社会通念からみて合理的である限り、その取扱いの上の違いは平等に違反していないとされる。他にも相対的平等に関連して、すべての国民に対して経済活動等の行為の機会を平等に与えようとする機会の平等を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。