A評価 保育内容(健康)東京福祉大学 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数113
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題「幼児が保育所での日常生活において、健康で楽しい生活を送るためには、保育者はどのような配慮が必要か、発達年齢の特徴を入れながら述べなさい。」

    所見「現代の社会的背景、家庭・家族問題、また自分の体験談も盛り込まれ楽しく拝読させてもらいました。引用文献を自分の表現に変えよく仕上がっています。」と評価をいただきました。

    皆様のレポート制作の参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児が保育所での日常生活において、健康で楽しい生活を送るためには、保育者はどのような配慮が必要か、発達年齢の特徴を入れながら述べなさい。
     WHOは憲章の中で「健康とは、肉体的、精神的、社会的に健全である状態であり、単に疾病がなく病弱ではないというだけではない」と提言している。健康は子どもから大人まで生活を送る上での土台となる。
     特に、子どもの心身の健康を促す生活の基盤として「睡眠・食事・排泄・清潔・衣服の着脱」(基本的生活習慣)がある。これらを就学前までに子どもに習得させたい。
     しかしながら近年、子どもを取り巻く環境は目まぐるしい変化の一途をたどっている。ライフスタイルの多様化から、睡眠不足、偏食、運動不足など子どもの生活習慣の乱れが問題視されている。また、保護者による不適切な養育も問題である。不適切な養育といえば「虐待」が挙げあれる。また「子どもをどのようにしつけ、育てていけば良いのかわからない」という悩みを抱える養育者も少なくない。昔と違い、現代は核家族が多くその為、身近に子育てを教えてくれる人や、協力者がいない。家庭と地域との繫がりの希薄化が進む中、現代の子育て世帯は、子育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。