日大 通信 マーケティング論 分冊Ⅰ 平成29-30年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数172
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今期分の合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成29・30年度 報告課題
    マーケティング 分冊Ⅰ
    横書解答
     ソーシャル・マーケティングについて論述しなさい。
    <ポイント>
    ソーシャル・マーケティングについて理解する。
    営利目的のマーケティングとの対比について検討してみる。
    <キーワード>
    ソーシャル・マーケター、マーケティングの4P、行動変革
    <参考文献>
    「ソーシャル・マーケティング」フィリップ・コトラー
    まずソーシャル・マーケティングについて簡単に説明する。ソーシャル・マーケティングとは製品やサービスを営利目的で広めるのではなく、社会貢献を目的として行うマーケティングの事である。今日では企業活動の社会貢献度や社会企業家の増加が、社会と企業のつながりの重要さを表している。
    ソーシャル・マーケティングの歴史は1960年代のアメリカに始まる。当時のアメリカは第二次世界大戦後の大衆消費社会が進展する一方で、欠陥商品や有害食品による消費者被害が発生し、力の強い生産者に対し消費者の権利を主張する行動変革が行われるなど、企業が販促のために行うマーケティングにネガティブなイメージが持たれることもあった。こうした時代背景から1960年代後半..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。