「大阪芸短」教育原理 リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数77
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育原理 大阪芸短のリポート。評価はAでした。

    教科書「やさしい教育原理 新版補訂版」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代日本の教育目的を憲法・教育基本法(改正・教育基本法も含む)を基にして、要領よく説明せよ。
     私たちは日本国憲法第26条により誰でも教育を受ける権利がある。しかしこの教育という言葉は学力を指しているのだろうか。もし学力をつけることだけが教育ならば、学校に行かなくても自宅学習で事足りる。学校に行って教育を受けることにどんな意図があるのかと疑問に思う。そこで現代日本の教育目的について説明していく。
     明治23年に発布された「教育ニ関スル勅語」
    により、戦前の教育目的は教育を通じて天皇と国家にすべてを捧げる人格の完成であった。
    しかし第二次世界大戦に敗戦後の改革によって1946年11月に日本国憲法が成立し、1947年3月に教育基本法が制定・公布された。「憲法第26条で、国民は、その能力の発達の必要性に応ずる教育を受ける権利」を持つこと、子どもたちに「普通教育を受けさせる義務」を負っていることが規定された。これにより子どもたちは国民として必要な基礎的教養を受ける権利を得た。子ども一人ひとりに対して出生またはその他の地位にかかわらず、その権利を保障することは国や地方公共団体、親の義務となった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。