中央大学法学部通信教育課程 社会学第三課題 2017年度 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数142
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会学第三課題のレポートです。 どのように書けば良いか判らない方の参考になれば幸いです。 是非ご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学第三課題
     社会学におけるものの見方、分析の仕方の特徴には、人の個性や思考、価値観といった個人的視点をどう判断することころにあるのではないかと考える。社会学は人と人との繋がりを観察し、論理付ける学問であるはずだ。ならば、「個人」そのものに注目し、観察、理解する意義や必要性は十分に考えられる。他方で、「社会」という人の集合体を観察する際に、個人の思想や価値観を加味する必要性はあるのかという疑問も存在する。パーソンズは人が「集合体にとって望ましいこと」を道徳的義務感に基づいて実行すると主張している。例えば、車の運転の際に法定速度を遵守することは自身の安全を守るためだけではなく、社会という集合体への義務感からくるものもあるはずとして、この義務感を価値体系と呼んだのである。そして、その集団的義務感を「価値体系」と呼び、社会構造を人々を一定の方向へ導く価値体系と評価した。しかし、ここで一つ疑問が浮かぶ。例えの話を取り上げるならば、法定速度を遵守しない人間は大勢居る。又、制限速度が50キロの道路であっても周囲の車が全て70キロで走っていた時、普段は法定速度を遵守している人間でも70キロで走る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。