聖徳大学合格レポート(介護概論)評価:A

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数116
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題:介護において人権を尊重するという意味を具体的に述べなさい。

    大学合格レポート 評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護概論Ⅰ 第1課題第1設題
    介護は、その人の尊厳が保持され、その人の自立(自律)がより望ましい方向に向かい、その人の自己実現がはかられることなどを目的とする対人援助である。具体的には、生活上の不便を抱える高齢者や障害者に対して、支障のある部分を補うことで、その人らしい日常生活を送れるように支援することが介護である。そしてこれを実現させるには、その人の「人権」が最大限に尊重されるべきであり、介護の根幹は人権尊重にあるといえる。
    では、介護における人権を尊重するという意味は具体的にはどういうことなのだろうか。まず、「人権」とは、誰もが生まれながらにして持っている人間としての権利である。一般的には「基本的人権」を指し、日本国憲法によって保障されている権利である。また、人権思想の代表的なものにノーマライゼーションの思想がある。これは「高齢者も児童も、障害のある人もない人も、みんなが地域の中で当たり前に生活できるような社会こそがノーマルな社会である」という考え方である。この思想を具現化する様々な取り組みが後に発展しており、介護における人権尊重を考える上でとても重要な思想である。
    これらを踏まえ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。