老化に伴う病変とその対策について(医学一般Ⅱ)評価:A

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数55
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:老化に伴う病変について示し、それについての対応策を論ぜよ。

    大学合格レポート 評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学一般Ⅱ 第2課題第1設題
    人間の身体は成熟期を過ぎると加齢とともに老化していく。しわやしみが増える見た目の老化をはじめ、体内の臓器の機能も低下していく。脳の老化も例外ではなく、物忘れが多くなったりすることは誰にでも起こる脳の老化現象である。しかし、近年は老年病として認知症を発症する人が増えており、2012年の調査では65歳以上の高齢者のうち500万人近くが認知症であることがわかった。また、認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計される。認知症の定義は、いったん獲得した知的機能が、後天的に低下した状態である。認知症は、脳の老化による物忘れとは違い、体験そのものを忘れてしまうことを特徴としており、ゆっくりと年単位で進行し、ついには見当識障害を表し、介護が必要なほどに生活に支障をきたす。なかでも、アルツハイマー病は認知症に占める割合が約7割と最も高く、近年発症者が急増しており深刻である。未だ完治させる方法はなく、薬剤によって症状の進行を一時的に遅らせることしかできない。しかし今、世界でアルツハイマーの進行を食い止め予防する「予防的治療」に注目が集まっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。