リハビリテーション医療の実施意義とその評価について(医学一般Ⅱ) 評価:A

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数43
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:リハビリテーション医療の実施意義とその評価について論ぜよ。

    大学合格レポート 評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学一般Ⅱ 第1課題第1設題
    リハビリテーション(リハビリ)とは、もともと障害者が社会に参加することを助ける多様な手段であり、障害を持っていても安心して快適な生活を送れるようにすることを目標としている。そのなかでも医療的アプローチはとても大切で有効とされており、医療関係者が行うリハビリを「医学的リハビリテーション」と呼ぶ。医学的リハビリは、治療的介入による患者の心身機能の維持および向上を目的とし、自立を獲得して積極的な生活を送れるようにする医学的ケアのプロセスである。リハビリ医療では、医師のほかさまざまな医療技術分野の専門家が連携してチームを組むことが主流となっている。この「チーム医療」で、医師や看護師とともに中心的な役割を担うのが理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、技肢装具士、医療ソーシャルワーカーなどである。ここでのリハビリには、急性期、回復期、維持期の三段階がありそれぞれの役割が異なるが、患者に対してこれらのリハビリが適切な時期に継続して提供されることが重要である。急性期リハビリは集中治療室に入院中の発症早期から開始されるべきもので、安静によって引き起こされる二次的合併症(廃用症..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。