コミュニティ・ベーズド・ソーシャルワーカーに求められる役割について(ソーシャルワーク論Ⅱ) 評価:S

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数88
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コミュニティ・ベーズド・ソーシャルワーカーに求められる役割をネットワーキングとソーシャルアクションに関連させて論ぜよ。

    大学合格レポート 評価:S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーク論Ⅱ 第5課題第1設題
    近年は地域で生活する人々を支援するソーシャルワーカーが増加しており、地域住民を対象にして働くソーシャルワーカーのことをコミュニティ・ベースド・ソーシャルワーカーと呼ぶ。その役割は、地域に置けるニーズを出来るだけ早期に的確に把握し、地域における自立生活を支援することである。そのためには、民生委員やボランティア、地域住民との連携体制を確立し、積極的に地域にある課題を把握するよう努めなければならない。また、事前に何らかの援助を必要とする人々やその家族を把握し、彼らに対して小さなネットワーク(小地域福祉ネットワーク)を形成し、異変が起こった場合にすぐに連絡が入るようなシステムを構築する必要もある。例えば、独居の高齢者や、要介護者や障害者、またその家族など、地域で孤立しがちな人々を中心とした支援ネットワークの形成である。社会福祉では、福祉・保健・医療関係者、ボランティア、地域住民、家族などが連携のもと、見守りや支援活動をおこなうことをネットワーキングと呼ぶ。これは言い換えれば、支援を必要とする人々を取り巻く社会環境を改善するための活動であるともいえ、ソーシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。