成年後見制度の特徴や動向、その問題点について(権利擁護と成年後見制度)評価:S

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数101
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「成年後見事件の概況」を基に、直近の成年後見制度の動向を見ながら、制度の特徴と問題点について指摘せよ。

    大学合格レポート 評価:S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    権利擁護と成年後見制度 第1課題第1設題
    急速な少子高齢化と核家族化によって、認知症高齢者が増加するとともに、独居高齢者や高齢者夫婦のみの世帯が増加している。それに伴い、平成12年に介護保険法が成立し、「措置から契約」へとサービスの提供方法も変化した。これによってニーズに合ったサービスが受けられる仕組みが整ったが、一方で、判断能力が不十分な人がサービス利用のために契約を結ぶときに、後見人による支援が必要になった。そこで、平成12年4月から、介護保険制度に不可欠のものとして「成年後見制度」が開始された。これは、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など判断能力の不十分な人に対し、後見人を選任するな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。