介護家族への支援(権利擁護と成年後見制度)評価:S

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数28
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護家族に支援が薄いのが現状であるが、憲法25条と27条との絡みで、介護家族にどのような支援をすべきか。

    大学合格レポート 評価:S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    権利擁護と成年後見制度 第2課題第1設題
    「すべて人間は生まれながらにして自由である」(世界人権宣言)。当たり前のことを当たり前に実現しようとできることが「自由」であり、これをすべての国民の権利として保障する義務は、国や社会に求められる。憲法第25条と憲法27条は、国民の自由を保障するために具体的に国に義務を課したものと言える。しかし、国や社会の支援が行き届かないことで、これらの権利を奪われていても見落とされがちなのが、介護家族である。日本は少子超高齢化社会を迎え、介護負担の拡大が深刻な社会問題となっている。特に、介護家族を含めた現役世代の負担が大きくなる一方で、少子化や核家族化により、「一人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。