W0101 現代福祉社会論 科目最終試験2017

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数313
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0101現代福祉社会論
    科目最終試験のまとめ。
    レポートはA評価、試験85点にて合格済み(実施試験③)
    テキストに即して1000字前後でまとめた答案です。

    ①社会福祉の変化・発展を「三元構造」と福祉運動の観点から説明しなさい。
    ②市民の活動事業としての社会福祉の三つのタイプとその意義について述べなさい。
    ③政策・制度としての社会福祉と実践としての社会福祉の役割と関連について。
    ④生活様式の視点から現代の生活の特徴と課題を述べなさい。
    ⑤「生活の社会化」の意味と生活の不安定化の背景・要因について述べなさい。
    ⑥社会権の意義を資本主義における社会問題の拡大深化と関わらせて述べなさい。



    ①社会福祉の変化・発展を「三元構造」と福祉運動の観点から説明しなさい。

     社会福祉の「三元構造」とは、社会福祉の対象としての社会問題、民主主義・人権思想による運動、政策主体の三つであり、この三つの相互関係によって社会福祉の変化・発展をとらえることができる。社会福祉の在り方に変化をもたらすルートは三つある。一つは、社会福祉の対象をめぐる社会問題の状況の変化である。それに応じて、サービスの内容や援助の在り方も変わってくる。二つ目に、社会福祉における理念や価値の発展である。これら二つの変化は国民側あるいは実践者側から

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉の変化・発展を「三元構造」と福祉運動の観点から説明しなさい。
     社会福祉の「三元構造」とは、社会福祉の対象としての社会問題、民主主義・人権思想による運動、政策主体の三つであり、この三つの相互関係によって社会福祉の変化・発展をとらえることができる。社会福祉の在り方に変化をもたらすルートは三つある。一つは、社会福祉の対象をめぐる社会問題の状況の変化である。それに応じて、サービスの内容や援助の在り方も変わってくる。二つ目に、社会福祉における理念や価値の発展である。これら二つの変化は国民側あるいは実践者側から社会福祉の充実を求める変化である。三つ目は、社会福祉制度の改革など政策主体がもたらす変化である。政策主体の意図を優先させながらも、社会福祉の対象の変化に対応し、理念、価値の発展に応じた社会福祉の充実を目指した改革である。
    社会的不幸が生み出されても、福祉運動によって社会的対応の必要性が認識されなければ、社会問題としては取り上げられない。政策主体が社会問題への政策的対応を行ったり、対象範囲を広げるには、運動の働きかけが重要である。政策主体は運動への譲歩や調整として、政策対象を設定する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。