中央大学法学部通信教育課程 個別的労働法 2017年度第1課題 合格レポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数150
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    労働法2(保護法) 第1課題 B17A 2017年度
    原告Xは、Y社と平成9年12月1日から平成20年12月までの間、1か月から3ヶ月の有
    期雇用契約の締結と更新を繰り返し、Y社の業務に従事してきた。平成20年11月に、Xと
    Y社は、同年11月15日から同年12月14日までを契約期間とする最後の有期雇用契約を締結
    した(以下「本件有期雇用契約」)。本件有期雇用契約には、「本契約は平成20年11月15日
    から同年12月14日までとし、期間の満了を以て終了とし、契約更新はしないものとする。」
    と規定されていた。Xは「契約更新はしない」旨の記載が気になり、期間契約社員対象の
    説明会で契約更新の有無について確認したところ、Y社は、「契約書にはそのように記載
    しているが、契約更新の可能性もあるので頑張って働いて欲しい」と説明した。Xは、平
    成20年12月14日に、有期雇用契約期間の終了を理由に雇止めされた(以下「本件雇止め」)。
    XはY社に対してどのような請求をすることができるだろうか。
    [回答案]
    1 契約労働者の意義
    有期雇用契約とは期間定めのある労働契約であり、形式的には期間満..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。