日大通信 平成29・30年度 租税論 分冊2 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数111
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 平成29・30年度課題報告 租税論 分冊2 合格レポートです。

    「アダム・スミスとワグナーの租税原則論を整理は行われている。両方の時代背景と両者の国家観に基づく租税原則の違いについて理解されている。」といった趣旨の評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成29・30年度 租税論 分冊2
    【課題内容】
     アダム・スミスとワグナーの租税原則論を比較説明しなさい。 
    <ポイント>
     資本主義成立期の財政思想を代表したアダム・スミスの租税原則と資本主義成熟期の財氏思想を代表したドイツのワグナーの租税原則について比較説明。
    <キーワード>
    財政政策的原則 国民経済的原則 公正の原則 税務行政上の原則
    <使用参考文献>
    なし(教科書のみ)  租税原則とは、課税するにあたって考慮すべき一般的基準(原則)である。租税原則は絶対的なものではなく、時代により、またその国の事情により、その内容が多少とも異なることは免れないところである。
     租税原則は多数の学者によって唱えられたが、歴史上有名なものは、アダム・スミスとワグナーの租税原則である。アダム・スミスとワグナーの租税原則を比較する。
    アダム・スミスの租税原則
     アダム・スミスの租税原則には、4つの原則がある。
    第1原則:公平の原則。「あらゆる国家の国民は、各人の能力にできるだけ比例して、いいかえれば、彼らがそれぞれの国家の保護のもとに享受する収入に比例して、政府を維持するために貢納すべきものである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。