レポート 佛教大学 2017年度 S8105 理科教育法Ⅱ 最新

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数204
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定でした。(2)「あなたの居住する地域の自然を教材化し」授業例として示せ。」では、地域の川を取り上げているので、分かりやすいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもたちが生活のしている「地域の自然」を教材化する必要性を説明せよ。その際に視聴覚・情報機器を用いる場合の留意点や、観察・実験時の事故防止についても簡潔に言及すること。
    あなたの居住している地域の自然を教材化し、授業例(授業の展開例)として示せ。
    (1)「地域の自然」を教材化する必要性について
     自然を対象とした日本の理科教育は、全国どこへ行っても同じ素材を使用して行われているが、近年では、理科教育において全国で同じ教材を使用するのではなく、地域の自然を理科教材として使用することが重視されてきている。地域性を生かした理科教育が注目されはじめ、地域の自然を教材化した実践が各地で試みられようになり、地域の自然をテーマにした「副教材」が各地で開発され、使用されてきている。
     では、なぜ地域の自然を教材化することが必要になってきたのであろうか。ここでは、「①子どもの自然の認識」と「②理科教育・環境教育の目的」という2つの観点からその必要性を述べていく。
    子どもの自然の認識
    自然認識には3つのレベルがある。第1のレベルは「事実認識」である。これは個別の事物あるいは現象をそのまま認識することであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。