日大通信 平成29・30年度 租税論 分冊1 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数93
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 平成29・30年度課題報告 租税論 分冊1 合格レポートです。

    「租税の転嫁に関して、基本的理解を得ていると評価した。」といった趣旨の評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成29・30年度 租税論 分冊1
    【課題内容】
     租税の転嫁について説明しなさい。 
    <ポイント>
     租税の転嫁とは何かを最初に書く。
     つぎに転嫁の形態を説明する。
    <キーワード>
    前転、後転、消転
    <使用参考文献>
    なし(教科書のみ)  国民は納税の義務を有するというが、しかし、国民は常に租税負担の軽減、または全面的な免除を期待している。
     納税者が、租税の一部または全部を実際上、負担しないという現象を、租税逋脱という。そして、租税逋脱には政府に収入の損失をもたらすものと、もたらさないものとがる。逋脱がない場合とは、納税者が政府の期待通りに税を負担していることである。したがって、手取り所得が減少する。また、課税標準の悪化とは、ある租税が課された結果、納税者が稼得を少なくしようと決意した場合に起こることである。たとえば、労働時間を短縮することである。合法的工夫とは、節税とか、税法を自己に有利なように制定しようとすることである。変質とは消転のことである。
     租税の転嫁は、租税逋脱が行われるが、政府に収入の損失をもたらさないものなので、密輸や脱税、企業の技術的改善による租税負担の軽滅は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。