日大通信 平成29・30年度 法学 分冊2 合格レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数102
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 平成29・30年度課題報告 法学 分冊2 合格レポートです。

    「内容は問題ないが、出来れば書物に目を通すことで、内容にコクと深みが出ます。」といった評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成29・30年度 法学 分冊2
    【課題内容】
     自己決定権とは何かを説明し、裁判上問題となった事例を必ず1つ取り上げて論じなさい。
    <ポイント>
     幸福追求権から導かれる新しい人権と1つとして、自己決定権があり、とかく医療の分野で論議されている。
    <キーワード>
    幸福追求権、輸血拒否事件、人工妊娠中絶、尊厳死、新しい人権
    <使用参考文献>
    ウィキペディア  自己決定権とは、一定の個人的な事柄について、公権力から干渉されることなく、自由に決定する権利のことである。日本では日本国憲法13条で保証されている幸福追求権「すべての国民は,個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で最大の尊重を必要とする」の一部と考えられる。例えば、結婚・出産・治療・服装・髪型・趣味など、家族生活・医療・ライフスタイル等に関する選択、決定について、公共の福祉に反しない限りにおいて尊重されるものである。
     医療に関しては、患者の最も重要なものの一つとして自己決定権が考えられており、このことに関しての問題が多々ある。その中で、裁判上問題と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。