【明星大学】政治学概論1_合格レポート(1単位目)2014~

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数161
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 社会科
    政治学概論1 1単位目合格レポート 2014年度~


    【課題】
    1、戦後日本における政策対立軸について説明せよ。
    2、「自由主義」について説明せよ。
    3、国家に対する代表的な見方について説明せよ。

    【 講評 】
    1、適切な説明がなされていました。
    2、特に問題なく書かれていました。
    3、3つの見方を取り上げており良かったです。


    【 ポイント 】
    1回目の提出で合格しました。講評は以上の通りです。

    基本的には教科書の内容をよく読み、抜け漏れなくまとめることができれば合格します。
    しかし設問が3つあり、一つひとつの課題が重いためそれなりの時間と根気を要します。



    以上、ご参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治学概論 1_単位 1
    1
    <課題1>戦後日本における政策対立軸について説明せよ。
    政策対立における政治的立場を明らかにする代表的な尺度には「保守的―進歩的」で一
    次元的に色分けする考え方があり、これに基づいて戦後日本の政策対立軸について説明す
    る。まず 1950 年代初頭から 1980 代までの冷戦期における保守―進歩の重要な政策争点は
    「憲法改正」「防衛」「天皇制」「労働者のストライキ」であり、中でも自衛隊と日米安全保
    障条約への態度が両者のあり方を最も強く規定してきた。防衛・外交政策に基礎をおく保
    守―進歩の対立軸が戦後日本の主要な政策対立軸であり、この対立軸に各政党が位置付け
    られ、人々は自身の立場に近い政党を支持してきた。一方、この間の経済政策では社会保
    障や減税を巡る意見対立はあったものの保守―進歩の対立軸には重ならず、経済政策は主
    要な争点にはならなかった。その他にも高度経済成長による公害・環境問題や既成政党批
    判などの争点も存在したが、防衛・外交政策に代わることはなかった。
    しかしこの状況は冷戦の終結で一変する。保守・進歩派それぞれの中で防衛・外交政策
    に関す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。