Z1102 教育原論1 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数68
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1102 教育原論1 第1設題です。 B判定合格済みリポートです。2017年度に対応しています。リポート作成の参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      ソクラテスの教育観に注意して彼の教育学的意義について説明
      しなさい。
     人間とは何か。人類の永久不変の課題と言えるような、答えなど存在しないのではないかと思えるようなこの問いかけに対して、学者達はそれぞれの見解を持ち、人間であるために必要な教育の在り方について世の中に発信してきた。オランダの教育人間学者・ランゲフェルドは「誰でも知っているように人は人間らしくなろうとすれば、そして単に一個の生物学的存在にとどまることを欲しないならばただ生まれただけでは不十分である。」と述べている。これは人と人の子であっても「人間らしさ」を備えていなければ人間では無いということになる。すなわち世界的に有名なゴリラに育てられる人間を描いた某アニメの主人公は人間ではないと言える。ホモ・サピエンスであり人間では無いことになるのか。私は彼も人間だと思えるが、ホモ・サピエンスが人間になるためには上述した「人間らしさ」「人間の在り方」を身に着けなければならないようだ。それらを身につけるためには教育と言うものが必要になる。この教育について西洋思想、特にソクラテスの思想について述べていくこととする。
     ソクラテス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。