[社会福祉士]相談援助の理論と方法[A評価]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数168
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題、「相談援助の理論と方法」における「アウトリーチの重要性」について記述したものです。100点満点中95点のA評価を頂いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助の理論と方法Ⅱ
    【課題】近年の地域を基盤としたソーシャルワーク実践の必要性の高まりの中で、
    アウトリーチが重要視されている理由について述べなさい。
    アウトリーチとは、ソーシャルワーカーが相談機関に持ち込まれる相談を待つのではな
    く、問題を抱えた人がいる地域社会やその人たちの生活空間に出向き、相談援助というサ
    -ビスを提供することである。こうした自ら援助を求めてこないクライエントは申請主義
    の援助システムのなかでは援助に結びつかず、彼らは社会的に孤立しており、生活の維持
    に必要な諸資源すら得ることが困難であることも多い。ソーシャルワークの発展は COS(慈
    善組織協会)の活動に由来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。