2017年 明星大学【PL4030】重複障害・LD等教育の理念と実際 2単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数434
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育  PL4030重複障害・LD等教育の理論と実際 2単位目
    【課題】
    発達障害児におけるSST(社会的スキル訓練)の必要性と方法について述べよ。
    重度重複障害、重症心身障害児の定義と実態把握、コミュニケーション支援の方法について述べよ。
    【課題①】
    発達障害を抱える子どもは、集団行動をとることが難しく、友達と上手に関わることができない、といった社会性に関することにつまずきを持つことが多い。発達障害を持つ子どもでなければ、社会の中で生き抜くために社会的スキルを日常生活の中で自然と学び習得していくのだが、発達障害児は、前述した障害特性により、自然と習得し、身につける力が弱い。したがって、ソーシャル・スキル・トレーニング(以下、SST)という機会を通して、社会的スキルを学び、実践する場が必要である。課題①は、こうした発達障害児によるSSTの必要性のもと、具体的な方法について述べていく。
    改善が必要なソーシャル・スキルは子ども一人ひとりのニーズによって異なるので、SSTを行う前に、まずは子ども一人ひとりの実態把握を行うとともに、改善が必要なそのスキルがどのような要素によってつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。