2017年 明星大学【PL4030】重複障害・LD等教育の理論と実際 1単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数721
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育  PL4030重複障害・LD等教育の理論と実践 1単位目
    【課題】
    学習障害(LD)、ADHDの特性及び学習・行動支援の方法(機能分析等)、課題についてまとめよ
    自閉症スペクトラム障害の特性と構造化を用いた学習・行動支援の有効性について述べよ。
    本課題では、学習障害(LD)とADHDに焦点を当て、各々の特性および学習・行動支援の方法について概説し、最後にLD、ADHD両方とも言える課題について述べる。
    限局性学習症とも呼ばれる学習障害は、知能検査によるIQ値は知的障害ほどの遅れはないものの、中枢神経系の機能に障害があると言われている。特徴として、文章や文字を読むことや、文字を書くこと、足し算引き算といった簡単な計算をすることの困難があげられる。具体的には、読む際に、文字や行を飛ばして読み、それによって文章全体の意味が理解できなかったり、書字では、類似文字を書くことや認識することに困難を生じたり、計算では、簡単な足し算、引き算ができなく、桁数を理解できないこともある。こうした状態があることを踏まえた学習支援方法として、例えば書き取りをする場合、枠内で書けるように枠は太..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。