大阪芸術大学通信教育部 総合教育科目「情報機器の操作第2課題」B判定 2017年度使用可

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数178
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※丸写しは、お止め下さい。参考文章として、ご活用下さい。

    総合教育科目「情報機器の操作第2課題」
    2017年度の学習指導書確認済


    オリジナリティのある文章で仕上げています。

    担当教員評価
    「なし」

    B判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンピュータを使うことのメリットとデメリットについて
    〇〇〇〇〇
     一般家庭において80年代にアメリカで普及し、日本においても90年代から普及し始めたコンピュータであるが、最近ではどの家庭においても身近にあるツールとなった。そのコンピュータを使って情報を処理する時に、どのようなことに留意すべきかをコンピュータを使うことのメリットとデメリットという視点からまとめる。
     仕事をしていく上で、どの業種や業界においても、コンピュータは必要不可欠な存在となった。様々なシステム開発においても、または、顧客管理のソフトを使ったり、家庭内の家計簿をつける行為においても必要なツールとなった。そういったコンピュータの存在が生活をしていく上で必需品となった現状においては、コンピュータを使わないことで、作業効率が落ちたり、作業自体が出来ないように陥ってしまうデメリットが、前提として起きてしまうので、使わなければいけない世の仕組みになっている。
     コンピュータを使うメリットには、以下のものがある。情報の流れがスムースになり、どんな情報でも比較的簡単に入手出来る。メールやメッセンジャーの普及により、簡単に人とコミ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。