【2017】相談援助の理論と方法4 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数200
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     スーパービジョンとは、スーパーバイザーがスーパーバイジーである援助者から、支援の質を向上させるための指導を受けることが目的であり、ソーシャルワーク実践においてはソーシャルワーカーへの後方支援となる。1970年代にデッソーが「専門職としての実践力を養成するための訓練である」とスーパービジョンを定義しており、その後も福山、仲村、岡本、黒川がそれぞれに定義しているが、2000年代にはスーパービジョンはソーシャルワーカー養成課程に不可欠な技術体得の活動であり、クライエントの利益を守る間接的な援助でもあると言われるようになった。そして現在では、社会福祉分野における一連の専門的な訓練や養成の過程、この分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。