現代社会と福祉

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数674
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座にて50点中38点頂きました。
    <課題>
    「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービス供給の担い手とされている4つのセクターについて完結に説明するとともに、「こども虐待の予防および被害者支援」について、各セクター及び社会福祉士がどのような役割を果たすべきかについて(独自の判断で構いませんので)具体的に論じてください。
    1561文字
    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『現代社会と福祉』(第4版第2刷)中央法規出版、2015年

    ・小林美智子、松本伊智郎編著『子ども虐待 介入と支援のはざまで‐「ケアする社会」の構築に向けて』(初版第1刷)明石書店発行、2007年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学籍番号
    氏名
    科目名
    現代社会と福祉①
    選択課題
    番号
    <課題>
    「福祉多元主義」という考え方と、その中で福祉サービス供給の担い手とされている4つのセクターについて完結に説明するとともに、「こども虐待の予防および被害者支援」について、各セクター及び社会福祉士がどのような役割を果たすべきかについて(独自の判断で構いませんので)具体的に論じてください。
    <引用・参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『現代社会と福祉』(第4版第2刷)中央法規出版、2015年
    ・小林美智子、松本伊智郎編著『子ども虐待 介入と支援のはざまで‐「ケアする社会」の構築に向けて』(初版第1刷)明石書店発行、2007年
    福祉多元主義とは、1980年頃のイギリスで発達した概念で、福祉国家における社会福祉資源の配分システムに関する考え方である。福祉多元主義の概念が発達する以前の福祉国家は、すべての福祉を政府が独占して供給する体制であった。しかし、効率性やサービスの質の問題や、社会福祉法人などの一部の民間セクターに頼らざる得ない状況があり、また、国民側からしても、家族や地域、企業などの役割も依然として強かったことなど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。