教科書の「実践編/第2章、第3章」から事例を1 つ選び、事例の末に記載されている演習課題の中から1つ以上を選んで論述せよ

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数270
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「教科書の「実践編/第2章、第3章」から事例を1 つ選び、事例の末に記載されている演習課題の中から1つ以上を選んで論述せよ。」

     本稿では、『新版精神保健福祉士養成セミナー第7巻 精神保健福祉援助演習[基礎][専門]』P.124の事例「アルコール依存症の回復途上における支援」における、演習課題(1)「アルコール依存症の特徴および治療や回復、家族の対応について、基礎的な知識」について論述する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「教科書の「実践編/第2章、第3章」から事例を1 つ選び、事例の末に記載されている演習課題の中から1つ以上を選んで論述せよ。」
     本稿では、『新版精神保健福祉士養成セミナー第7巻 精神保健福祉援助演習[基礎][専門]』P.124の事例「アルコール依存症の回復途上における支援」における、演習課題(1)「アルコール依存症の特徴および治療や回復、家族の対応について、基礎的な知識」について論述する。
     日本は、飲酒人口が多く、飲酒に対して寛容な文化をもち、共同体のさまざまな伝統行事や生活習慣に深く入り込んでおり、社会的に容認されている。しかし、アルコールは適量を超えればさまざまな弊害をきたす。かつて社会は、度を越した酩酊を繰り返しては、健康を損ない、自らの社会的責任を放棄し、さまざまなトラブルを起こして周囲に迷惑をかけている者を「不道徳」「意識薄弱」と非難し、叱責や処罰の対象としていた。しかし今日、これらは道徳的問題でなく医学的問題とみなされ、アルコール依存症という病名で呼ばれるようになった。2003年に厚生労働省研究班で実施された全国調査の結果に基づいて推定した、国内におけるアルコール依存..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。