佛教大学 2017年 英語 レポート P6303 英文法 第二設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数924
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の英文法(P6303)、第2設題のリポートです。
    2017年4月にA判定の結果をいただいております。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    4種の使役動詞構文の使い分けを分類整理し,その結果が実際の使用例でどの程度確認できるかを見極めなさい。分類した結果がうまくあてはまる場合と当てはまらないとも思われる例があれば,
    その適用範囲を見極めなさい。
    「~してもらう」「~させる」といった意味があるように、使役動詞というのは、人に何かの行為をさせる時や、ある事柄を引き起こさせるといった時に使われるのである。「make」「get」「have」「let」の4つの使役動詞について説明していくが、これらにはニュアンスの違いがある。使役という言葉を聞くと強制的にやらされるようなイメージが日本語にはあるが、単に何かをさせるといっても、この4つを使い分けることによって相手に与える印象に変化を作ることができるのである。
    まずはどういった文型で書かれるか。
    makeは、「make+目的語+原型」「make+目的語+過去分詞」の2つのパターンがある。例文として、1、「She makes him study English.」 2、「It made us understood.」などを挙げておく。
    getはto不定詞を用いる点が他とは異なり、「get+..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。