明星大学 PB2110 初等国語科教育法2単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数982
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育部 PB2110 初等国語科教育法(書写を含む) 2単元目
    【課題】
    今、どのような指導法が求められているか。歴史的な経過や小学校学習指導要領の構成に留意して自分の考えをまとめましょう。
    【講評】
    今、どのような指導が必要か、指導の目指すべき姿を捉えています。この理念、目標、指導上の配慮すべき事項を明らかにし考察しています。これを自身の指導観として確固にして下さい。この実現に努めてください。今までの国語教育の実践の成果を引き継ぎ、発展させることが重要です。
     知識基盤社会で生きるため、「生きる力」が求められている。知識や情報が溢れている世の中、自らで学び、考え、主体的に判断することが大切である。本課題では、そうした社会で児童が生き抜くため、どのような国語科の指導法が求められているのか論じる。論じるにあたり、まず国語科だけでない学習全体の指導を学習指導要領に示されている見解をもとに述べる。その後、近年の学力に対する課題や学力に対する捉え方を見ながら、求められる国語科の指導方法について説明する。
     子どもが主体的に学び、考え、判断できるためには、指導において、「いかに教え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。