「障害程度区分」(障害者自立支援法)の概要について記述し、その長所と短所(問題点)について論じなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数159
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「障害程度区分(障害者自立支援法)の概要について記述し、その長所と短所(問題点)について論じなさい。」

    ポイント
     児童福祉法など、法律の改正に伴い、都道府県と市町村との関係性について注目しながら論じています。

    評価:B(採点者のアドバイスを受け、加筆・修正したものを掲載しています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害程度区(障がい者自立支援法)の概要について記述し、その長所と短所(問題点)について論じなさい。」
     障害者自立支援法では、支援の必要度に関する客観的な尺度として、障害程度区分を導入している。障害程度区分とは、障害者などに対する障害福祉サービスの必要性を明らかにするため、当該障害者などの心身の状態を総合的に示すものである。今までの障害者の程度区分は、ABCなど単純であったが、新しい区分認定では、障害者に対する介護給付の必要度を表す六段階に区分され、介護の必要に応じて適切なサービスが利用できるように導入されたものである。程度区分を細分化することで、サービスの選択の幅を拡げるとともに、個々に合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。