聖徳 通信 犯罪心理学 第4課題 評価A

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【評価】A (合格レポート)

    文末に参考文献を記載してあります。

    (書名、著者・編者名、出版社名、発行年月日、全て詳しく記載)

    課題名:
    地理的プロファイリングの効用と限界について考察しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4課題 第1設題
    本レポートは、地理的プロファイリングの効用と限界について考察することを、課題・目的とする。
    1.概要
    『犯罪プロファイリング』とは、アメリカのFBIが用い始めた犯罪の捜査方法で、過去の犯罪事例のデータを蓄積し、未解決の犯罪の犯人像を類推する手法である。 
    一方、『地理的プロファイリング』とは、FBIとは異なる手法『リヴァプール方式のプロファイリング』を開発し、『円仮説』などを提案した、イギリスのデビット・カンター(Canter, D)が、その起源によるとされている。
    『地理的プロファイリング』は、連続的に発生した事件から、犯人の空間行動の特徴や犯行場所の選択の特徴(犯行の地理的情報)を統計的に分析し、行動パターンを抽出し、「事件の犯人が住む可能性の高い場所」や、「優先して捜査するエリアはどこか」や、「次の犯行地の推定」などを割り出すことを目的としている。
    2.効用
     犯罪の捜査において、①容疑者の順位づけ。捜査で優先すべき容疑者、手がかり、情報を絞り込むのに役立つ。②重点警戒と張り込み。犯人との結びつきが最も強いと推定された地域は、パトロールや張り込みを集中的に強化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。