★PB2020理科 単位1・2セット

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数644
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学のレポート課題、 理科の合格レポートです。「どう書けばよいかわからない・・・」という方、参考にしてみて下さい★
    問題なく一発で合格したレポートです。まとめるのが少し大変な課題でしたが、丁寧にまとめられていると良い評価をいただきました。

    参考文献 未来の先生たちへ 小原茂巳著

    〈1単位目〉
    問1児童・生徒が歓迎する授業とはどういうものか
    問2理科の授業における「予想」の意義とは
     講評 テキストの内容に沿って、丁寧に考察することが出来ています。

    〈2単位目〉
    問1 間違えるとはどういうことか?
    問2 科学入門教育とはどういうことか?
     講評 よくまとめられています

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 PB2020 理科 
    参考文献 未来の先生たちへ 小原茂巳著
    〈1単位目〉
    問1児童・生徒が歓迎する授業とはどういうものか
    問2理科の授業における「予想」の意義とは
     講評 テキストの内容に沿って、丁寧に考察することが出来ています。
    〈2単位目〉
    問1 間違えるとはどういうことか?
    問2 科学入門教育とはどういうことか?
     講評 よくまとめられています。
    ■問1児童・生徒が歓迎する授業とはどういうものか
    問1 生徒が歓迎する「楽しい授業」にはどのような工夫が必要か、「仮説実験授業」の理論を基に考察する。
     一つ目の歓迎される授業の条件とは、「考えるに値する問題」と「間違えても恥ずかしくない雰囲気づくり」だ。考えるに値する問題とは、例えば、実際に見る事の出来る月の見え方など(P16)「知っていそうなのに実は知らなくて、結果をすごく知りたくなるような問題」だ。すると子供たちは、想像力が刺激され様々に予想し、実験に取り組める。またその結果「間違える」ことも体験することになる。ここで大切なのは間違いを気にせず、予想について活発に討論ができ、知的刺激を得られるということだ。仮説実験授業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。