福祉サービスの組織と経営 A評価(社会福祉士養成課程レポート) 福祉分野におけるサービスマネジメントの課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数991
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成28年に社会福祉士養成課程を終えました。
    社会福祉士養成課程でA評価だったレポートを加筆・修正したものです。1416文字で書きあげています。
    課題名は「福祉分野におけるサービスマネジメントの特徴的な課題について解説し、これを踏まえて福祉サービスマネジメントについてあなたの考えを述べなさい。」です。

    [使用テキスト・参考文献]
    社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第 11 巻 福祉サー
    ビスの組織と経営』中央法規、2013 年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     福祉分野におけるサービスマネジメントの特徴的な課題は、大きく分けて4つある。
    1つ目は、サービスに占める無形的要素が大きいことである。これは、ほかの多くのサービスと比較しても、福祉サービスには無形的要素が大きく、それによってサービスの特性がいっそう顕著に現れる。そのために品質管理が難しい。従業者の育成、エンパワメント、顧客の参加、関係性の構築が決定的な意味をもち、またニーズ変動の管理も重要になる。
    2つ目は、成果が判定しにくいことである。一般にサービスはコアサービス、サブサービス、コンティンジェントサービスが組み合わされた「束」としてとらえることができる。しかし、福祉サービスの場合、これらの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。