時間分割による振り子の周期と張力計算ver 1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数111
閲覧数319
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <時間を等間隔に微小分割する方法>
    振り子の長さと角度を入力してマクロボタンを押すと振り子の周期、速度、張力の表、及び張力が時間とともに変化する様子のグラフが出力される。繰り返し計算回数はユーザーが設定できる。
    *マクロ有効ファイルに設定してください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    重力定数 9.8 m/s2
    半径 1 m
    角度 1.5707963267949 ラジアン
    分割数 10
    円弧の長さ 1.5707963267949 m
    各分割区間 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    Δtに進む角度(初期設定) 角度÷分割数 0.15707963267949 0.314159265358979 0.471238898038469 0.628318530717959 0.785398163397448 0.942477796076938 1.09955742875643 1.25663706143592 1.41371669411541 1.5707963267949 1
    円周方向の加速度 cos(Δtに進む角度) 0.987688340595138 0.951056516295154 0.891006524188368 0.809016994374947 0.707106781186548 0.587785252292473 0.453990499739547 0.309016994374947 0.156434465040231 6.1257422..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。